メレンゲ日記

シフォンケーキ作りの足跡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いちじく

いちじくシフォンを作りました。(20cm型) 11/23火 型出し&カット&ラッピング

ラム酒                   きび砂糖                  ドライいちじく(ブラックミッション)
縮小RIMG0013 縮小RIMG0020 縮小RIMG0065
卵黄生地に刻んだいちじくを入れた                         メレンゲにきび砂糖を入れた
縮小RIMG0014 縮小RIMG0015 縮小RIMG0022
ベージュのメレンゲ           もうすぐ混ぜ終わり           型入れ
縮小RIMG0023 縮小RIMG0025 縮小RIMG0026
生地を均した               焼成時間 半分経過          型出し
縮小RIMG0027 縮小RIMG0028 縮小RIMG0055
カット                   断面                     ラッピング
縮小RIMG0057 縮小RIMG0058 縮小RIMG0062

memo
レシピ:chiffon-chiffon先生の本「ふわふわ、しっとり、とろけるシフォン」 p.48
見た目:大穴なし、薄茶がかった生地にいちじくが散っている
味:ラム酒といちじくが全体に効いている、大人の味。
食感:しっとりしっとりふんわり。いちじくの種がアクセントになる。

ドライいちじくを初めて買いました。いちじくを干すとこうなるのですね。
試しに1個つまんでみましたが・・・いちじくってこんな匂いだった?食べるのはやめました。
ラム酒ときび砂糖は、今までお菓子作りに何度も使ってきたものです。

グラニュー糖以外の砂糖は、アクというか何かがあってメレンゲを壊しやすくする気がします。
きび砂糖はさらさらしていたけれど、気になって篩いました。ふんわりとしました。
ラム酒の香りに酔いながら、卵黄生地を作り、メレンゲを作り始めました。
1回めのきび砂糖を入れ、メレンゲの様子を観察しました。特にメレンゲを壊しそうな気配はありません。
大丈夫そうなのでいつも通りにメレンゲを完成させて、混ぜ始めました。手の感触は至って普通。
混ぜの途中で緩むこともなく、生地量も落ち着き、型入れしました。
きび砂糖だからといって、それほど気にする必要はなかったようです。

型出しして、カットしました。ラム酒が落ち着いた良い香りに変わっています。
細かく刻んだつもりのいちじくは、結構な大きさでした。手抜きしたわけではないのですが・・・。
薄茶がかった生地にいちじくの黒さが目立ちます。大穴なくて良かった。
恐る恐る食べてみました。ん?食べられる~!!ラム酒もいちじくも穏やかに全体に効いています。
大好きかと聞かれるとYesとは言えないけれど、ラム酒といちじくの組み合わせは完成された絶妙のバランスです。
いやー、好きな人は大好きっぽい、そんな大人味のシフォンです。
  1. 2010/11/23(火) 22:11:29|
  2. フルーツ&野菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ナッツ | ホーム | 胡麻胡麻マーブル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://muguet424.blog103.fc2.com/tb.php/55-686f66a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

amandes

Author:amandes
シフォンケーキに凝っています
chiffon-chiffon先生 卒業no.23

参照しているレシピ本
ふわふわ、しっとり、とろけるシフォン
シフォン生地のお菓子

最新記事

カテゴリ

定番 (34)
フルーツ&野菜 (23)
和風 (6)
スパイス (2)
アレンジ (6)
上級 (12)
Ⅱ生地のアレンジ (9)
Ⅱ生地の風味 (14)
Ⅱ生地と素材の組み合わせ (1)
Ⅱアレンジお菓子 (0)
レシピ本以外のシフォン (58)
シフォン以外 (4)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。